入母屋の隅木部分。化粧垂木と隅木の組み合わせ。建築当時はお金がなかったので、横樋は銅製だが、立樋に至る部分は塩ビが用いられています。