お茶の間の天窓。旧い屋根を抜いて造られたものだが、茶の間の空間が広がったことや、青空から星空まで居ながらにして眺められるので好評。また、奥まった茶の間の明かり取りとして節電にも貢献。