屋根を支える梁は樹齢100年を超える地場の檜。本来は梁の下に天井を造るが、空間を広くするために格天井を梁の上に造った。